前へ
次へ

不動産投資のメリットとデメリット

不動産投資のメリットは株やFXなど他の投資に比べて自分で価格のコントロールができる点です。
物件を売却する時に価格をちょっと上げたいなと思ったら、リフォームなどを行って付加価値を上げればいいからです。
このように資産価値を上げることによって、購入した時より高く転売することができます。
また不動産投資は福利の力で収入をどんどん増やしていくことが可能です。
初めは1棟だけ購入したとしても、その1棟分の家賃収入でもう1棟帰るようになります。
このような方法で物件を購入していけば、1棟から2棟、2棟から3棟とどんどん増やしていけます。
時間が味方してくれる方法なので、定年退職した後の資金源としても最適です。
ただし不動産投資にもデメリットがあります。
どんなデメリットがあるかというと、空室や家賃下落のリスク、金利の上昇などです。
他にも老朽化した建物を修繕したり、災害のリスクもあります。
このようなデメリットもあるということを理解してから行うのがいいでしょう。

Page Top